Skip to content

MGMリゾーツの大阪カジノオープン計画で知っておくべきこと

Last updated on 10月 11, 2019

アメリカのカジノ業者MGMリゾート・インターナショナルは、日本の大阪府にカジノとエンターテイメントリゾートの建設を計画しています。

すでに大阪内に支社を設けており、同社の会長であるジェームス・ムーレン氏は、戦略と財源配分について大阪市長・市会と綿密にやりとりしていることを明らかにしました。

国際的企業MGMリゾーツにとって、日本の新しいカジノは優先順位ナンバーワンなのです。

統合型リゾートのための法律制定

昨年日本議会が国内に統合型リゾートと呼ばれる施設の建設を許可する法案を通過させた後、大阪府はライセンス申請を行いました。

アメリカの巨大カジノ業者がこの申請をサポートしまたこの計画に参入しようとしている、という噂はすぐに広まりました。大阪でカジノを開くというMGMリゾーツ・インターナショナルの野望は、この憶測が本物であるという確かな裏付けとなっています。

おすすめ 投稿画像 mgmリゾートが大阪でカジノをオープンする計画について知っておくべきこと mgmリゾートは短期の計画 1024x485 - MGMリゾーツの大阪カジノオープン計画で知っておくべきこと

リゾーツの短期計画

MGMリゾーツは大阪のカジノ計画のため、また施設に関する要求を提示するために、協力関係の構築に全力を注いでいます。

ジェームス・ムーレン氏は、来年初めまでに大阪がどの企業にカジノ建設を任せるか決定するだろうと発表しました。大阪市は、中央政府に議事日程を提出しなければならないからです。

中央政府の役割はこの計画を展開するにあたって大変重要です。統合型リゾート建設にあたり、政府から3つの認可が下りる予定です。大阪はそのうちのひとつであることはほぼ確実ですが、予想外の結果にならないとは限りません。

さらに、中央政府はカジノ業者にも認可を降ろさなければなりません。大阪が運営企業を選んだ後、政府の認可におそらく1年ほどかかるでしょう。

ご覧の通り、MGMリゾーツ・インターナショナルは多くの技術的、政治的な課題を抱えています。大阪市会の目標は、2025年に大阪で開かれる万博までに統合型リゾートをオープンすることです。

それまでは、大阪府にとってもカジノ運営者にとっても未来はまだ不鮮明なままです。

おすすめ 投稿画像 mgmリゾートが大阪でカジノをオープンする計画について知っておくべきこと 競争力 1024x485 - MGMリゾーツの大阪カジノオープン計画で知っておくべきこと

競争力

ジェームス・ムーレン氏は、大阪の新しいギャンブル業界でのシェアを巡って多くの優秀なカジノ業者が競っていることをよく理解しています。

何と言っても、大阪は日本国内で二番目に大きい都市であり、競争は激しくなることは間違いありません。しかし、ムーレン氏は自信を持っています。

同氏は「どの業者がもっとも準備万端で、精力的に活動し、日本のエネルギーを理解し、そしてベストな戦略を持っているかは明らかだ」と述べました。こうした理由から、彼はオッズがMGMリゾーツに分があると踏んでいます。

メルコリゾーツを運営するアジアのエンターテイメント企業の会長、何猷龍氏は、大阪市が面白いターゲットであることは間違いないと発表しました。メルコリゾーツがそのうち運営業者の競争に参入することは明白だと言えます。逃すにはあまりに惜しい機会だからです。

これからの数ヶ月、数年の間に新しい発表が何度も発表されることでしょう。

最初にコメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です