Skip to content

カテゴリー: 大阪でギャンブル

大阪カジノリゾート建設運動について知っておきたい3つのこと

昨年7月、日本は国内にギャンブル施設を含む統合型リゾートの建設を許可する法案を通過させました。

まずは3つのライセンスが降りるとされています。人口約300万人を抱える西側の大都市である大阪は、日本で最初のカジノ誕生の地として期待されています。

なぜ大阪が選ばれるのか

大阪にはリゾート建設にはもってこいの完璧な場所があります。それ以外でも、地元の議員や起業家の強く幅広いサポートに支えられています。

これでも、大阪がカジノ建設の地として認可される可能性を高める要素の一部にすぎません。一方、東京と横浜はまだあまり興味を示していません。

大阪は繁栄した街ですが、東京に比べ影響力が弱まっていました。巨大なギャンブルリゾートができれば、観光業に活気をもたらし、結果として歳入も増えることはほぼ確実です。見積もりによると、大阪のカジノは年間40億ドルものお金を容易に生み出すとされてい (包括的オンラインカジノではありません)

 

大阪府は、2025年の万博までに統合型リゾートをオープンするのを目標としています。大阪がカジノ業者を選んでもなお、中央政府の認可が必要となります。

大阪市長の松井一郎氏は、大阪にとって観光業がいかに重要であるかを強調しており、観光業は大阪開発の柱の一つとして育まれるべきものだと述べています。

役員たちとの会議と汚職の対処

カジノ業界役員や政治家は、会議やインタビューの予定を組んできました。国際的カジノ企業の代表者たちはカジノの人気に懐疑的な意見と闘い、日本のパートナーの注目を集め、決定権を持つ人々を説得しています。

また、大阪はこうした多額の金額が動く計画につきものの汚職にもよく対処してきました。

統合型リゾート法案の通過までに、大阪市は公人が非公式の催しに出席したりカジノ業者と食事したりすることを禁じました。また業者から金銭や品物を受け取ることも厳しく禁止しています。

夢の島

夢洲は夢の島として知られている大阪にある人工島で、リゾート建設の予定地となっています。

1970年代の発展時に開発された場所で、政治家はこの夢の島を復興させようとしてきました。

過去5年で徐々に観光業が栄えてきており、統合型リゾートの多大な恩恵を受ける基盤が整っているエリアと言えます。

大阪が実際に日本初のギャンブル業界のホームとなるかどうかは、時間が経てば明らかになることでしょう。

コメントを残す

MGMリゾーツの大阪カジノオープン計画で知っておくべきこと

アメリカのカジノ業者MGMリゾート・インターナショナルは、日本の大阪府にカジノとエンターテイメントリゾートの建設を計画しています。

すでに大阪内に支社を設けており、同社の会長であるジェームス・ムーレン氏は、戦略と財源配分について大阪市長・市会と綿密にやりとりしていることを明らかにしました。

国際的企業MGMリゾーツにとって、日本の新しいカジノは優先順位ナンバーワンなのです。

統合型リゾートのための法律制定

昨年日本議会が国内に統合型リゾートと呼ばれる施設の建設を許可する法案を通過させた後、大阪府はライセンス申請を行いました。

アメリカの巨大カジノ業者がこの申請をサポートしまたこの計画に参入しようとしている、という噂はすぐに広まりました。大阪でカジノを開くというMGMリゾーツ・インターナショナルの野望は、この憶測が本物であるという確かな裏付けとなっています。

おすすめ 投稿画像 mgmリゾートが大阪でカジノをオープンする計画について知っておくべきこと mgmリゾートは短期の計画 1024x485 - MGMリゾーツの大阪カジノオープン計画で知っておくべきこと

リゾーツの短期計画

MGMリゾーツは大阪のカジノ計画のため、また施設に関する要求を提示するために、協力関係の構築に全力を注いでいます。

ジェームス・ムーレン氏は、来年初めまでに大阪がどの企業にカジノ建設を任せるか決定するだろうと発表しました。大阪市は、中央政府に議事日程を提出しなければならないからです。

中央政府の役割はこの計画を展開するにあたって大変重要です。統合型リゾート建設にあたり、政府から3つの認可が下りる予定です。大阪はそのうちのひとつであることはほぼ確実ですが、予想外の結果にならないとは限りません。

さらに、中央政府はカジノ業者にも認可を降ろさなければなりません。大阪が運営企業を選んだ後、政府の認可におそらく1年ほどかかるでしょう。

ご覧の通り、MGMリゾーツ・インターナショナルは多くの技術的、政治的な課題を抱えています。大阪市会の目標は、2025年に大阪で開かれる万博までに統合型リゾートをオープンすることです。

それまでは、大阪府にとってもカジノ運営者にとっても未来はまだ不鮮明なままです。

おすすめ 投稿画像 mgmリゾートが大阪でカジノをオープンする計画について知っておくべきこと 競争力 1024x485 - MGMリゾーツの大阪カジノオープン計画で知っておくべきこと

競争力

ジェームス・ムーレン氏は、大阪の新しいギャンブル業界でのシェアを巡って多くの優秀なカジノ業者が競っていることをよく理解しています。

何と言っても、大阪は日本国内で二番目に大きい都市であり、競争は激しくなることは間違いありません。しかし、ムーレン氏は自信を持っています。

同氏は「どの業者がもっとも準備万端で、精力的に活動し、日本のエネルギーを理解し、そしてベストな戦略を持っているかは明らかだ」と述べました。こうした理由から、彼はオッズがMGMリゾーツに分があると踏んでいます。

メルコリゾーツを運営するアジアのエンターテイメント企業の会長、何猷龍氏は、大阪市が面白いターゲットであることは間違いないと発表しました。メルコリゾーツがそのうち運営業者の競争に参入することは明白だと言えます。逃すにはあまりに惜しい機会だからです。

これからの数ヶ月、数年の間に新しい発表が何度も発表されることでしょう。

コメントを残す

大阪の違法なカジノについて知っておくべきこと

日本の都市である大阪は、巨大で活気あるエンターテイメントの中心です。実は、市内ではここ数年で違法カジノが増えてきているのです。

これは特に、飲食店、ショッピング、ナイトライフで栄えているミナミエリアに顕著な現実です。この娯楽街には、激しいネオンライトに引き寄せられた世界中の観光客で溢れています。

おすすめ 投稿画像 大阪の違法カジノについて知っておくべきこと 人々を違法なカジノに入らせる 1024x485 - 大阪の違法なカジノについて知っておくべきこと

違法カジノに来る人たち

ミナミでは、日本人または観光客を合法カジノに引き入れようと多くの若者が路上をうろついています。一般的に、目立たないようカジュアルな格好をした男性たちです。

道行く人にギャンブルに興味があるかを聞き、テーブルゲームやスロット、インターネットルームのオファーを説明します。インターネットルームは、大阪で最もよく見られる、疑わしくない外観に隠れた違法ギャンブルの温床となるものです。

プレイヤーは受付でお金を払い、空いているパソコンでギャンブルを行います。顧客を得るため、こうした違法施設は次回利用時に使用できるギフトカードを提供することさえあります。

ギャンブルをする人たちが潜入捜査員でないことを確かめるため、通常名刺や保険証などの提示が求められています。

おすすめ 投稿画像 大阪の違法カジノについて知っておくべきこと インターネットカジノ 1024x485 - 大阪の違法なカジノについて知っておくべきこと

インターネットカジノ

違法カジノの業者にとって、インターネットルーム運営は経費が安いため大変素晴らしい方法です。特別な設備もいらず、数人のスタッフを雇えばすむのです。

不思議なことに、大阪府警はこの繁華街地区で何が行われているかを完全に把握しています。しかし大阪には警察の目を逃れるために頻繁に場所を変える違法カジノが多くあることから、すべての施設を追跡して運営停止させることは基本的に不可能なのです。

それでも、違法カジノに関与したとして起訴される人の数は、市内で増加しています。

コメントを残す