Skip to content

月別: 2019年5月

大阪カジノリゾート建設運動について知っておきたい3つのこと

昨年7月、日本は国内にギャンブル施設を含む統合型リゾートの建設を許可する法案を通過させました。

まずは3つのライセンスが降りるとされています。人口約300万人を抱える西側の大都市である大阪は、日本で最初のカジノ誕生の地として期待されています。

なぜ大阪が選ばれるのか

大阪にはリゾート建設にはもってこいの完璧な場所があります。それ以外でも、地元の議員や起業家の強く幅広いサポートに支えられています。

これでも、大阪がカジノ建設の地として認可される可能性を高める要素の一部にすぎません。一方、東京と横浜はまだあまり興味を示していません。

大阪は繁栄した街ですが、東京に比べ影響力が弱まっていました。巨大なギャンブルリゾートができれば、観光業に活気をもたらし、結果として歳入も増えることはほぼ確実です。見積もりによると、大阪のカジノは年間40億ドルものお金を容易に生み出すとされてい (包括的オンラインカジノではありません)

 

大阪府は、2025年の万博までに統合型リゾートをオープンするのを目標としています。大阪がカジノ業者を選んでもなお、中央政府の認可が必要となります。

大阪市長の松井一郎氏は、大阪にとって観光業がいかに重要であるかを強調しており、観光業は大阪開発の柱の一つとして育まれるべきものだと述べています。

役員たちとの会議と汚職の対処

カジノ業界役員や政治家は、会議やインタビューの予定を組んできました。国際的カジノ企業の代表者たちはカジノの人気に懐疑的な意見と闘い、日本のパートナーの注目を集め、決定権を持つ人々を説得しています。

また、大阪はこうした多額の金額が動く計画につきものの汚職にもよく対処してきました。

統合型リゾート法案の通過までに、大阪市は公人が非公式の催しに出席したりカジノ業者と食事したりすることを禁じました。また業者から金銭や品物を受け取ることも厳しく禁止しています。

夢の島

夢洲は夢の島として知られている大阪にある人工島で、リゾート建設の予定地となっています。

1970年代の発展時に開発された場所で、政治家はこの夢の島を復興させようとしてきました。

過去5年で徐々に観光業が栄えてきており、統合型リゾートの多大な恩恵を受ける基盤が整っているエリアと言えます。

大阪が実際に日本初のギャンブル業界のホームとなるかどうかは、時間が経てば明らかになることでしょう。

コメントを残す